交渉に参加していない核兵器保有国や日本をはじめとする米国の「核の傘」に入る国の条約参加に向け、市民社会などが協力して「核兵器の使用は人類全体の危機を招くだけで安全保障に役立たないと周知していく必要がある」と指摘。

 【ニューヨーク時事】広島市の松井一実市長は15日、ニューヨークの国連本部で開かれている核兵器の使用などを法的に禁止する条約の制定交渉会議で演説し、「存命のうちに核兵器の禁止を見届けることが被爆者の悲願」と訴え、会議が閉幕する7月7日までの条約採択を強く訴えた。

日本に仮に核があったとすれば、アメリカは広島 長崎に核を投下したんだろうか? 私も核兵器のない世界を望みます。しかし、鉄砲を向けられた状態で、抵抗もせずに殺されるのはいやです。
それが理想なんですけどね。すべての核保有国が、約束を守って廃棄するなんてことはあり得ない。理想はそうだが、海の向こうに核を弄んでいるいる輩がいる限り、安心出来ないよね。中国だって日本にミサイル向けているしね。市長、広島市にミサイルが向いていて市民は悲鳴。
残念ながら、核保有国が核を棄てるとしたら核兵器以上の兵器が開発された場合だけでしょう。良い事、当然の事とは思いませんが、核を保有する事が世界での発言権、地域での主導権を握るという一面が有る以上、それが現実です。世界中に何万発もあるし将来アジア諸国、日本も核武装する流れです。
最近生態系が変化してきました。その原因の一つが農薬散布です。それも大量生産の機械化による影響で、生態系が丸ごと変わってきており、蜜の受粉を助けるミツバチがいなくなってきており、薬害で抵抗力の弱い、微生物や植物なども減ってきているようですその代表が最近現れるヒアリですね、殺人アリと評判で刺されるととても痛いそうです。これからは薬によって弱く繊細で合理的な生態系は丸ごとなくなってバランスを崩し、ヒアリのような恐ろしい生命体が次々生まれるでしょう。人間は何て愚かなんでしょうか